「ワクワクするものを発見して、社会とシェアしていきたい」

所属 M&Ftecnica 生産設計部 技術営業課 主任

汪 洋さん

 

M&Fではどんな仕事をされているのですか?

当初はBIMのオペレーターとして製図やそれに関係するお手伝いを担当していました。現在は、営業や取引先との打ち合わせといった業務にも参加させてもらっていて、Revitに基づいたプラグインやソフトウェアに関する海外とのやり取りや開発も担当しています。

M&Fに入る前はどんなお仕事をされていたのですか?

前職では、建築の現場監督を務めていました。ただ、どうしても体への負担が大きく残業も多い仕事でしたね。私は建築関係の勉強をするために夜間の学校にも通っているのですが、そちらとの両立や体への負担を考えたときに、新しい働き方を考えるようになりました。

「M&Fは3次元の領域で先端を行っている」

M&Fに転職するきっかけ教えてください。

キャリアアップという思いが一番にありましたね。それから先ほど触れた仕事と学校の両立という意味では、ワークライフバランスも意識したいと考えていました。

もともと、2次元の図面を扱うことはできましたが、これからの時代は3次元が主流になってくる。自分もそこに挑戦してみたいと考え、BIMやRevitといったキーワードから企業を探していたところM&Fと出会いました。

M&Fを調べていくと、業界でも先端を行く企業で、私が挑戦したい3次元の領域に強いノウハウを持っていました。ここなら、BIMに対してのスキルを身に付けつつ、新しい挑戦もできると転職を希望しました。ワークライフバランスに対しての理解があった点も魅力的でしたね。

「ノウハウやスキルを惜しみなく提供してくれる」

M&Fでお仕事をしてみていかがですか?

入社当初は、例えばRevitというツール1つとってもまったく分からない状態でした。ですが、社内の新人研修制度がとても充実していたので、着実にスキルを身に付けて行くことができました。

これは募集要項でもアピールされているポイントですが、M&FはBIMの初心者でも「この業界で働きたい」という思いを持った人材なら快く受け入れてくれます。実際、スキルやノウハウを惜しみなく提供してくれるので、これから業界に飛び込んでみたいという方にとっても、魅力的なのではないでしょうか。

新人研修後にはさっそくプロジェクトに参加させてもらい、大変な部分は多かったものの、乗り越えたときの達成感からとてもやりがいがあると感じました。以前に比べ、自分の時間をきっちりコントロールできるようになっている点もポジティブな変化です。

それから、職場の雰囲気がとても気に入っています。コミュニケーションも上手く取ることができるので、ストレスがなく業務に取り組めています。

「会社に貢献できる、利益になるものを探していきたい」

M&Fでこれからどのようにお仕事をしていきたいですか?

まずは会社に貢献できるもの、利益になるものを探していきたいと思っています。おもしろいものやワクワクするものを発見して、社会とシェアしていきたい。

中国で働いていた時代は安定した企業でしたが、やりがいという面ではややマンネリ感がありました。私にとって「キャリアアップ」と「楽しさ」というキーワードはとても大切で、難しいこと・新しいことに挑戦、チャレンジしていきたい。その取り組みがしっかり評価され、報われることにやりがいや幸せを感じます。

M&Fでの仕事は、充実感や満足感が得られます。これからも会社に貢献できるよう、しっかり取り組んでいきたいです。